小学館、完成品の小型ロボ「TABO8」が付録の「小学8年生」を限定発売




小学館、完成品の小型ロボ「TABO8」が付録の「小学8年生」を限定発売

2017年8月31日 6:10掲載

小学館は、手のひらサイズの小型エデュケーション・ロボット「TABO8」が付録の「小学8年生」特別号を数量限定で、12月中旬に発売すると発表した。予約開始日は10月10日で、「小学8年生」第4号(9月28日ごろ発売)で予約方法をアナウンスする予定だ。

「TABO8」は、プログレス・テクノロジーズとバスキュールの共同プロジェクト「touch.plus」によって開発された「TABO」をベースにしたモデル。2社の協力のもと、小学館オリジナルとして新たな機能を搭載したとのことだ。

具体的には、専用アプリをインストールしたタブレットの上で動くしくみ。人間の指と同じようにスクリーンが感知し、画面内のコンテンツと連動しながら動くという。専用アプリは、プログラミング学習アプリ、ゲームアプリ、iPhoneだけでも動かせるコントローラー機能を搭載したゲームアプリを用意する。

「小学8年生」特別号の価格は19,800円。

■関連リンク

ニュースリリース(PDF)




関連コンテンツ

ロボット関連最新ニュースリンク

このニュースの関連リンク


Related Post



コメントを残す