“チョコビーム”がすごいゾ。クレヨンしんちゃんの「チョコビ争奪すごろく」登場




“チョコビーム”がすごいゾ。クレヨンしんちゃんの「チョコビ争奪すごろく」登場

2017年8月30日 7:01掲載

セガトイズは、国民的キャラクター「クレヨンしんちゃん」をモチーフにしたボードゲーム「クレヨンしんちゃんドキドキ回転チョコビーム!チョコビ争奪すごろく」を発表。10月26日より発売する。

プレイヤーがそれぞれ、「カスカベ防衛隊」に扮したしんちゃんをはじめとする5人のキャラクターのコマを使い、回転ルーレットが指す数だけ、物語の舞台となっているカスカベのまちに見立てたボードの上を進めてゴールを目指すボードゲーム。しんちゃんが大好きなチョコスナック菓子「チョコビ」をゴールまでに最も多く獲得した人が勝つという、子どこから大人まで遊べる簡単なルールになっている。

ゲーム中には、コマを進める途中、みんなのアイドル「ネネちゃん」のマスに止まると、アニメでおなじみのネネちゃんによるリアルままごとに付き合わされるという設定で、全員「ネネちゃん」のマスに集合させるといった指示があったり、野原家のペットである「シロ」のマスに止まると、シロがチョコビを見つけてくるという体で、チョコビを3つもらえるという指示があるなど、クレヨンしんちゃんに登場する各キャラクターの特徴を生かしたルールが随所に散りばめられている。

同ゲームの最大の難所は、チョコビのパッケージキャラクターになっている「ワニヤマさん」のマスだ。「ワニヤマさん」のマスに止まった際、ボードの中央に設置された野原家の屋根にいるワニヤマさんからチョコビームが放たれる。チョコビームは、くねくねするアームが回転する仕様になっており、ボード上のコマが吹き飛ばされるハプニングが起こり、カスカベのまちを恐慌に陥れるチョコビームから、身を守れるのか、吹き飛ばされて振り出しにもどるのか、ハラハラドキドキの奇想天外な展開を楽しめる。

同梱内容はコマフィギュア×5、ゲーム盤×1、ルーレット×1、野原家×1、お立ち台(大)×4、お立ち台(小)×4、おたすけカード×24、チョコビカード×48、チョコビーム×1、おケツスティック×1、固定パーツ×4、取扱説明書、シール。

本体サイズは580(幅)×150(高さ)×420(奥行)mm。
580×高150×奥420mm。使用電池は単3形アルカリ乾電池×2(別売)、対象年齢が6才以上。

価格は4,300円(税別)。

(C)臼井儀人/双葉社・シンエイ・テレビ朝日・ADK

■関連リンク

製品情報




関連コンテンツ

ボードゲーム関連最新ニュースリンク

このニュースの関連リンク


Related Post



コメントを残す