thinkTANKphoto、機材にワンタッチでアクセスできるショルダーバッグ




thinkTANKphoto、機材にワンタッチでアクセスできるショルダーバッグ

2017年8月30日 15:16掲載

銀一は、シンクタンクフォト製のショルダーバッグ「Spectral 8」「Spectral 10」「Spectral 15」の取り扱いを開始。9月1日より発売する。

スタイリッシュかつ丈夫な素材を使用したショルダーバッグ。新採用のマグネット式の「Fidlock」によって、機材へのアクセスを片手でワンタッチで簡単に行えるようになった。

また、撮影時に気になるフラップの開閉音も軽減するほか、フラップを閉めた際にはロックが自動的に掛かる仕組みにもなっている。さらに、内側のジッパーを閉めることにより、大切な機材を悪天候や盗難から保護する。

カメラやレンズを収納するメイン気室のほかに「Spectral 8」は8型までのタブレット、「Spectral 10」は10型までのタブレット、「Spectral 15」は10型までのタブレットと15型までのノートパソコンを収納できるクッション入りインナーポケットを装備する。このほかすべてのサイズにスマートフォンポケットを装備。バッグ底面には三脚の取り付けも可能だ。レインカバーが付属する。

■「Spectral 8」

本体サイズは28(幅)×21.2(高さ)×15.5(奥行)cmで、重量が0.8kg。収納可能最長レンズは24-70mm F2.8。収納例標準サイズ一眼レフ+広角又は標準ズームレンズ、1-2本の単焦点レンズと8型タブレットPC。

価格は12,000円(税別)。

■「Spectral 10」

本体サイズは35(幅)×25(高さ)×15.5(奥行)cmで、重量が11.1kg。収納可能最長レンズは70-200mm F2.8。収納例は、標準サイズ一眼レフ1台+24-70mm F2.8レンズ、1-3本の単焦点レンズと10型タブレットPC。

価格は15,000円(税別)。

■「Spectral 15」

本体サイズは41(幅)×32(高さ)×16(奥行)cmで、重量が12kg。収納可能最長レンズは70-200mm F2.8。収納例は、標準サイズ一眼レフ1台+24-70mm F2.8レンズ、2-4本の単焦点レンズ、ストロボ、15型ノートPC、10型タブレットPC。

価格は17,000円(税別)。

価格comで最新価格・クチコミをチェック!



関連コンテンツ

カメラバッグ関連最新ニュースリンク

このニュースの関連リンク

メーカーサイト



Related Post



コメントを残す