ソフトバンク、3か国語対応スマホ「Libero 2」をプリペイド向けに9/8発売




ソフトバンク、3か国語対応スマホ「Libero 2」をプリペイド向けに9/8発売

2017年8月31日 11:34掲載


「Libero 2」 「Libero 2」

ソフトバンクは、プリペイドサービス「シンプルスタイル」のラインアップとして、3か国語(日本語、英語、中国語)の表示に対応した5型スマートフォン「Libero 2」(ZTE製)を9月8日より発売すると発表した。価格は税別。

「シンプルスタイル」は、基本使用料無料で、使いたい分の料金を前払いするプリペイドサービス。「200MBプラン」(900円)、「700MBプラン」(2,700円)、「3GBプラン」(4,980円)からデータプランを選び、使いたい時にチャージして使用できる。

「Libero 2」の主な仕様は、プロセッサーがクアッドコア「MSM8909」、メモリーが2GB、内蔵ストレージが16GB。外部記録媒体がmicroSDXCメモリーカード(最大128GB)に対応。カメラはメインが有効約800万画素、サブが有効約500万画素。無線通信はIEEE 802.11b/g/n準拠の無線LAN規格、Bluetooth 4.1をサポート。OSは「Android 7.1」をプリインストールする。

バッテリー容量は2400mAh。連続通話時間は約540分、連続待受時間は約350時間(いずれもFDD-LTE網)。本体サイズは72(幅)×144(高さ)×8.7(奥行)mm(突起部除く)、重量は約137g。ボディカラーは、ホワイト、ブラックを用意する。

価格comで最新価格・クチコミをチェック!



関連コンテンツ

スマートフォン関連最新ニュースリンク

このニュースの関連リンク

メーカーサイト


Related Post



コメントを残す