iPhoneがインスタントカメラに! すぐにプリントできる「PRYNT POCKET」




iPhoneがインスタントカメラに! すぐにプリントできる「PRYNT POCKET」

2017年8月30日 12:06掲載

バリュートレードは、米国PRYNT製のiPhone用フォトプリンター「PRYNT POCKET」の発売を開始した。

iPhoneで撮影した画像を、インスタント写真としてプリントできる、ポケットサイズのプリンター。iPhoneに専用アプリ「Prynt」をインストールし、取り付けるだけで、細かい設定の必要なく、撮影した画像を20秒程度でその場でプリントできる。なお、過去に撮影した画像や動画もPryntアプリから印刷可能だ。

また、プリントした写真をPryntアプリでスキャンすると、拡張現実(AR)による0秒間の動画再生ができる点が特徴。友達との集合写真や誕生日などのサプライズなど新たなコミュニケーションツールとして活躍できる。アプリでは、画像の調整や補正だけでなく、効果、フレーム、ステッカー、テキストなどの追加が可能だ。

なお、専用ペーパーを使用するためインクは不要。さらに、バッテリーを内蔵しており、iPhoneからの電源供給なして、フル充電1回で約20枚の写真をプリント可能。本体充電は付属のmicroUSBケーブルを使用し、約180分の充電で満タンになる。

対応機種は、iPhone 7 Plus/7/6s Plus/6s/6 Plus/6/SE/5s/5」。本体サイズは8(幅)×11.5(高さ)×5(奥行)cm、重量が210g(重量はペーパーカートリッジ込み)。ボディカラーはCool Gray、Graphite、Mint、Lavenderの4色。ペーパーカートリッジ「ZINK Sticker Paper 」10枚、microUSBケーブルが付属する。

価格は19,880円(税別)。

■関連リンク

製品情報




関連コンテンツ

携帯電話アクセサリ関連最新ニュースリンク

このニュースの関連リンク


Related Post



コメントを残す