シャープ、ウェアラブル端末「funband」に横浜DeNAベイスターズモデル




シャープ、ウェアラブル端末「funband」に横浜DeNAベイスターズモデル

2017年8月29日 12:00掲載

シャープは、クラウド連携のウェアラブル端末「funband」の新ラインアップとして、横浜DeNAベイスターズモデル「SA-BY006」を発表。9月上旬より発売する。

「funband」は、Bluetoothを経由してスマートフォンと接続し、試合状況などの最新情報を随時表示するというもの。「funband」を装着したベイスターズファンの試合中の腕の動きをモーションセンサーが「応援アクション」として感知し、本体内蔵のバイブレーターが振動したり、LEDが発光するなどして応援を盛り上げるという。

また、「応援アクション」を「応援ポイント」として蓄積し、「funband」ユーザーによる選手の人気投票に使用できるのも特徴。「funband」利用者全員の「応援アクション」はクラウド経由で集計され、数値化された「応援パワー」が本体ディスプレイに表示されるため、球場内だけでなく、離れた場所でも試合の盛り上がりを共有でき、ファン同士のつながりを感じられるとのことだ。重量は約39g。

価格は10,000円(税別)。

なお、「funband」のサービスを使用するためには、専用スマホアプリおよび専用サービス(月額120円)に加入する必要がある。ただし、初回1年分の専用サービスは無償で付与するとのこと。また、専用サービスを受けるには、SHARP i CLUBへの加入が必要だ。

■関連リンク

ニュースリリース

【新製品ニュース】シャープ、ウェアラブル端末「funband」に福岡ソフトバンクホークスモデル

【新製品ニュース】シャープ、広島カープファン向けウェアラブル「funband」を地域限定発売




関連コンテンツ

ウェアラブル端末・スマートウォッチ関連最新ニュースリンク

このニュースの関連リンク


Related Post



コメントを残す