ロジクール、入力ダイヤル「CROWN」で作業を効率化する無線キーボード




ロジクール、入力ダイヤル「CROWN」で作業を効率化する無線キーボード

2017年9月1日 6:10掲載

ロジクールは、キーボードの新モデル「ロジクール KX1000s マルチデバイス ワイヤレス キーボード KX1000s(CRAFT)」を発表。9月15日より発売する。

Adobe社のデザイナーやプロダクトマネージャー、エンジニアと協力しながら開発したというモデル。「クリエイティブ作業工程を中断させることなく、精確かつ作業状況に対応した操作性を実現する」という点が特徴だ。

具体的には、クリエイティブ系ソフトウェアを使って仕事をする際に役立つ入力ダイヤル「CROWN」を装備。ソフトウェアごとに最適化した「CROWN」を利用して、必要な時にツールへ瞬時にアクセスできる。対応ソフトは、Adobe、Microsoft Officeなど10種類以上のソフトウェアやアプリ。

また、Windows、macOSに対応し、最大3台までの接続設定が可能。デバイス間を切り替えながらタイピングできる「FLOWテクノロジー」に対応。パソコンとの無線接続方式は、「Unifying」(2.4GHz帯)とBluetooth Low Energyをサポートする。

このほかキーボード部は、キーレイアウトが113キー⽇本語レイアウト、キーピッチが19mm、キーストロークが1.8mm、押下圧が60±20g。本体サイズは430(幅)×32(高さ)×149(奥行)mm、重量は960g(電池含む)。

直販価格は23,750円(税別)。

■関連リンク

【価格.comマガジン】入力ダイヤルで作業を効率化! ロジクールの超高級キーボード

価格comで最新価格・クチコミをチェック!



関連コンテンツ

キーボード関連最新ニュースリンク

このニュースの関連リンク

メーカーサイト



Related Post



コメントを残す