キヤノン、高画質と低コストを両立した「PIXUS XK70」など6機種を発表




キヤノン、高画質と低コストを両立した「PIXUS XK70」など6機種を発表

2017年8月31日 15:28掲載


PIXUS XK70 PIXUS TS8130(ブラック)

キヤノンは、家庭用インクジェットプリンター「PIXUS(ピクサス)」シリーズの新モデル6機種を9月22日より発売すると発表した。

ラインアップは、写真をプリントする機会の多いユーザーに向けて「低ランニングコストで高画質プリントが楽しめる」というコンセプトの「PIXUS XK」シリーズから「XK70」「XK50」を用意。「PIXUS TS」シリーズからは、「TS8130」「TS6130」「TS5130」「TS3130」を提供する。

いずれも、コンパクトなスクエア形状のデザインを採用。タッチパネル方式の大型液晶(XK70は5.0型、XK50/TS8130は4.3型、TS6130は3.0型のカラータッチパネル液晶を搭載。TS5130は2.5型のカラー液晶、TS3130は1.5型のモノクロ液晶を搭載)と、わかりやすいユーザーインターフェースによって、快適に操作できるのが特徴だ。

また、プリンター本体の前面と背面の両方向から印刷用紙を給紙できる「2WAY給紙」(TS3130は背面給紙のみ)や、正方形サイズの写真に対応する「ましかく写真」といった機能も搭載。プリント枚数などに応じてポイントを取得できる「PIXUSプリント枚ルサービス」(TS5130/TS3130は非対応)にも対応した。

■プレミアムシリーズ「XK70」「XK50」

「XK70」「XK50」は、新6色インクを採用し、赤領域の色域が拡大して、光沢紙における発色性が向上。より鮮やかなプリントが可能だ。さらに、新開発のフォトブルーインクにより、粒状感を低減したなめらかな高画質プリントを実現する。

また、「XK70」「XK50」で、別売りの大容量インクタンクを使用した場合には、L判印刷でのインク・用紙合計コストが約税別12.5円(キヤノン写真用紙・光沢ゴールド使用時のインク・用紙合計コスト)と、低ランニングコストで写真プリントを楽しめるという。

このほか同社は、ビジネスインクジェットプリンターの新製品として、ファクスを搭載した複合機「TR8530」「TR7530」の2機種を10月5日より発売すると発表した。

価格はいずれもオープン。

価格comで最新価格・クチコミをチェック!



関連コンテンツ

プリンタ関連最新ニュースリンク

このニュースの関連リンク

メーカーサイト



Related Post



コメントを残す