エレコム、シリコン素材で丸められるBluetoothキーボード




エレコム、シリコン素材で丸められるBluetoothキーボード

2017年8月29日 17:03掲載

エレコムは、Bluetooth対応のワイヤレスキーボード「TK-FBS095」を発表。9月中旬より発売する。

シリコン素材を使用したBluetooth対応キーボード。やわらかくコンパクトに丸めて持ち運ぶことが可能だ。キータッチはやわらかくて、タッチ音も小さく、静かな場所で使用しても気にならないという。バッテリーは、外出先でも入手が容易な電池式(単4形2本)で、手軽に交換することができる。

また、使用していないときに電池の消耗を防止できる電源スイッチを搭載。iOS用配列とWindows/Android用配列を切り替え可能で、それぞれに最適化した入力モードで使用することができる。

さらに、スマートフォン用アプリ「ELECOM Keyboard layout」をダウンロードすることで、Android端末のキーボードの印字通りにキー入力が可能。最大3台のマルチペアリングに対応し、切り替えボタンを押すことで登録したデバイスを切り替えることができる。

主な仕様は、キー数が85キー(日本語)、キーピッチが14.5mm、キータイプがシリコン。Bluetoothのバージョンは3.0で、対応プロファイルがHID。バッテリーは、単4形乾電池×2本(アルカリ/マンガン/ニッケル水素)で、動作時間が約7か月。

このほか、対応OSは、Windows 10/8.1、Android 5.0以降、iOS 9.0以降。本体サイズは286(幅)×17(高さ)×99(奥行)mm。重量は約104g。

ボディカラーは、ブラックとホワイトの2色を用意する。

価格は6,361円。

価格comで最新価格・クチコミをチェック!



関連コンテンツ

キーボード関連最新ニュースリンク

このニュースの関連リンク

メーカーサイト



Related Post



コメントを残す