ソニー、左右分離型でノイキャンを搭載した「WF-1000X」発表




ソニー、左右分離型でノイキャンを搭載した「WF-1000X」発表

2017年9月1日 17:20掲載

ソニーは、ドイツ・ベルリンで現地時間9月1日より開催されているコンスーマーエレクトロニクスショー「IFA 2017」において、左右分離型イヤホン「WF-1000X」を発表した。

左右分離型のBluetoothイヤホン。デジタルノイズキャンセリングを搭載しており、周囲の騒音を低減することが可能だ。

また、ユーザーの行動を認識し、状態に合わせてノイズキャンセリング機能や外音取り込み機能を切り替える「アダプティブサウンドコントロール」を世界で初めて搭載する。

音質面では、6mm径のダイナミック型ドライバーユニットを搭載。再生周波数は20Hz〜20000Hz。

Bluetoothのバージョンは4.1で、対応プロファイルがA2DP、AVRCP、HFP、HSP、対応コーデックがSBC、AAC。著作権保護「SCMS-T」にも対応する。

このほか、NFCに対応。バッテリー駆動時間は最大3時間。イヤホン本体を充電可能なケースが付属しており、最大9時間のバッテリー駆動時間を実現する。

重量は、イヤホン本体が6.8g、充電ケースが70g。カラーは、ゴールドとブラックの2色を用意する。

価格comで最新価格・クチコミをチェック!



関連コンテンツ

イヤホン・ヘッドホン関連最新ニュースリンク

このニュースの関連リンク

メーカーサイト


Related Post



コメントを残す