シャープが世界初の8K液晶テレビ「AQUOS 8K」発表、70型を12/1発売




シャープが世界初の8K液晶テレビ「AQUOS 8K」発表、70型を12/1発売

2017年8月31日 17:54掲載


LC-70X500

シャープは、2018年12月開始予定の8K実用放送に先がけ、8K対応の70型液晶テレビ「LC-70X500」を12月1日より発売すると発表した。

世界初(8月31日現在、同社調べ)となる、8K解像度の液晶パネルを搭載したテレビ。フルHD(1920×1080ドット)の16倍となる、約3300万画素(7680×4320ドット)の8K高精細液晶パネルを民生用液晶テレビに採用し、「AQUOS シリーズ」の最上位モデルと位置づける。

8Kの映像には実物が目の前にあるような「臨場感」や「実物感」があり、物体の奥行や膨らみなど「立体感」をリアルに感じられるという。そのため、肉眼ではとらえきれないきめ細かな映像を再現する。

なお、現行デジタル放送(地上・BS・110度CS)のフルハイビジョン映像や4K映像については、8Kの高解像度にアップコンバートして表示可能だ。現在視聴しているテレビ放送番組など、さまざまなコンテンツを高画質な映像で楽しめる。

このほか、同社が「AQUOS」で長年培ってきた豊かでリアルな色再現 「リッチカラーテクノロジープロ」、映像の輝きを復元する「メガコントラスト(ダイナミックレンジ拡張)」技術など、独自の「AQUOS」映像技術を搭載し、地上デジタル放送で使用されている色域(ITU-R BT.709)を超える広色域技術で自然で豊かな発色を実現する。

さらに、8K解像度でのHDR規格(HLG・PQ方式)にも対応。HDR規格で収録された広い輝度情報を画像処理エンジンで忠実に復元し、高輝度・高コントラスト・低反射の8K液晶パネルで、風景の奥行きや素材の質感まで感じられるリアルな映像を再現する。

2018年の8K実用放送に合わせて発売予定の「8K放送対応受信機」(別売)を接続することで、8K実用放送も視聴可能とのことだ。

主な仕様は、消費電力が470W、画面サイズが70型、視野角が上下左右176度、使用光源がLED(直下型)、表示フレームが60Hz、59.94Hz、スピーカーがフルレンジ×2、サブウーハー×1、音声実用最大出力(JEITA)が35W(10W+10W+15W)。

本体サイズはディスプレイ部が156.4(幅)×91(高さ)×9.2(奥行)cm、テーブルスタンド装着時が156.4(幅)×96.7(高さ)×37.5(奥行)cm、重量が約45kg(テーブルスタンド装着時)。8K映像対応端子は1系統(HDMI 4本使用)。テーブルスタンド(組立式)、リモコン、単4形アルカリ乾電池、電源コード(約3m)、AV端子変換ケーブル、B-CASカード、転倒防止用部品一式(取付済み)が付属する。

価格はオープン。

価格comで最新価格・クチコミをチェック!



関連コンテンツ

薄型テレビ関連最新ニュースリンク

このニュースの関連リンク

メーカーサイト


Related Post



コメントを残す