OSTRY、超極薄ドライバーを搭載したMMCX対応イヤホン「KC09」




OSTRY、超極薄ドライバーを搭載したMMCX対応イヤホン「KC09」

2017年8月30日 6:30掲載

IC-CONNECTは、OSTRY製のイヤホン「KC09」の取り扱いを開始。9月5日より発売する。なお、これに先立ち、8月29日よりe☆イヤホンにて先行予約販売を開始した。

同社従来モデル「KC06」「KC06A」の正統進化モデル。デザインやドライバー設計を全て見直し、サウンド面を大幅に進化させた。また、同社初となる、MMCX対応イヤホンとなって点が特徴。接続強度と安定性の問題を解消するため、特別に設計したMMCXコネクタを採用し、互換性を保ちつつ、高い耐久性を実現した。

音質面では、振動膜には鼓膜の生体工学技術を応用し、弾性を保持しつつ2マイクロメートルという超極薄化に成功。これにより、従来よりも中高域をよりクリアに洗練し、高い解像感と透明感を実現。低域も高いレスポンスとアタック感を保持してる。

さらに、ハウジングにはチタンコーティングを施し、高級感と耐久性を向上。フェイスプレートには黒のレザーをあしらい、LRの判別が容易にできる機能的なデザインを採用。標準ケーブルは銅線に銀メッキを施したものを採用。ケーブル被膜はメッシュ生地となっており、クセがつきにくく、タッチノイズを軽減する。

主な仕様は、ドライバーが10mm径ダイナミック CCAW、振動膜にはEardrum Bionic Technique(鼓膜の生体工学技術を採用)、感度が101dB、インピーダンスが32Ω、再生周波数帯域が20Hz〜20kHz。ケーブル長が1.3m(MMCX端子 着脱式)、プラグが3.5mmステレオミニプラグ。

市場想定価格は14,000円前後。

価格comで最新価格・クチコミをチェック!



関連コンテンツ

イヤホン・ヘッドホン関連最新ニュースリンク

このニュースの関連リンク

メーカーサイト


Related Post



コメントを残す