ソニー、1型センサー搭載の防水・耐衝撃デジカメ「RX0」発表




ソニー、1型センサー搭載の防水・耐衝撃デジカメ「RX0」発表

2017年9月1日 11:00掲載


「RX0」

ソニーは、ドイツ・ベルリンで現地時間9月1日より開催されているコンスーマーエレクトロニクスショー「IFA 2017」において、小型カメラ「RX0」を発表した。

「RX0」は、有効約1530万画素メモリー一体1型積層型CMOSイメージセンサー「Exmor RS」とZEISS Tessar T* 24mm広角レンズを装備した小型カメラ。堅牢性と防水性を兼ね備えており、水深10mの防水性能や2mの落下耐性、200kgf耐荷重の堅牢性を備えた。防水性能はIPX8相当だ。

撮影機能では、最高毎秒960fpsまでのスーパースローモーション撮影が可能。画質優先設定で240fpsを選択した場合、フルHD相当の画質で記録できる。なお、音声は記録できないという。

また、単体での撮影に加えて、複数台を組み合わせて多視点撮影にも対応する。設置自由度の高いワイヤレス接続(モバイルアプリケーションPlayMemories Mobileを使用した場合は最大5台。アクセスポイントを使用して、さらに多い台数の接続・操作も可能)や信頼性の高い有線接続(有線接続のための別売りのカメラコントロールボックスは、2018年1月発売予定)による、複数台での撮影ソリューションも提案していく構えだ。

■関連リンク

【新製品ニュース】ソニー、1型センサー搭載デジカメ「RX0」を10/27に発売決定

【新製品ニュース】ソニー、フラッグシップ「Xperia XZ1」などスマホ新モデル3機種を発表

ニュースリリース




関連コンテンツ

デジタルカメラ関連最新ニュースリンク

このニュースの関連リンク



Related Post



コメントを残す