パナソニック、迫力サウンドで1人の贅沢時間を楽しめる「プライベート・ビエラ」



 パナソニックは9月29日、ポータブルテレビ「プライベート・ビエラ」に、別体スピーカを備えた「UN-19Z1」を発表した。迫力の映像と音が体感できる「ひとり贅沢」空間を提供する。発売は10月20日。想定税別価格は10万円前後。


「プライベート・ビエラ UN-19Z1」

 モニタ部、チューナ部、スピーカ部から構成され、チューナ部の映像をワイヤレスで転送することで、モニタ部のみを持ち運ぶことが可能。地上、BS、110度CSデジタルチューナによるテレビ番組と500GバイトのHDDに録画したコンテンツを視聴できる。

 スピーカ部は4cmのフルレンジスピーカを2個ずつ、8cmサブウーファとダブルパッシブラジエータを搭載。左右のスピーカは、上部ユニットを外側に、下部ユニットは正面を向かせることで、包み込むようなサウンドを再現。デスクなどひとりで視聴するのに最適な構成を採用する。モニタとの組み合わせのほか、スマートフォンなどと組み合わせてBluetoothスピーカとしても利用可能だ。

 音声操作に対応するほか、「外からどこでもスマホで視聴」を備え、専用アプリ「Panasonic Media Access」を使っての、ストリーミング再生を実現。録画番組を持ち出せる「番組持ち出し」もできる。

 モニタ部は高さ294mm×幅446mm×奥行き29.5mmで、重量約約2.2kg。バッテリを搭載し、最大約3時間30分の使用に対応する。



Related Post



コメントを残す