ソニーのスマートスピーカーは何が魅力? 手かざしによるジェスチャー操作も(日経トレンディネット)



 ソニーは2017年10月26日、Googleアシスタントに対応したスマートスピーカー「LF-S50G」を発表した。音質にこだわった360度スピーカーシステムを搭載するほか、IPX3相当の防滴機能、時刻表示機能、手かざしによるジェスチャーで操作できることなどが特徴。ボディーカラーはブルー、ホワイト、ブラックの3色。12月9日発売で、実売価格は2万5000円前後。

【関連画像】サブウーファーとスピーカーをディフューザーを挟んで上下向い合わせに配置することで、360度サウンドを実現

 内部でサブウーファーとフルレンジスピーカーを上下向かい合わせに配置することで、音が360度全方向にバランスよく広がるようにした。発売後のアップデートで、周囲の環境に合わせて自動的に音量を調整する機能も搭載する。Bluetoothを搭載するので、ワイヤレススピーカーとして使うこともできる。

 Googleアシスタント対応スマートスピーカーとしては、Googleの「Google Home」がすでに発売されている。LF-S50Gはこれと同じ機能を備えたうえで、音質がよく360度すべての方向にバランスよく音が広がること、Bluetoothスピーカーとして使えること、防滴で台所などの水場で使いやすいこと、ジェスチャーコントロールにより音声以外でも操作できること、時計表示機能によりインテリアとして置きやすいことなどが強みとなる。価格は1万4000円前後のGoogle Homeより高いが、こうした音楽再生向きの機能や使い勝手のよさを強みに販売につなげたい考えだ。

(文/湯浅英夫=IT・家電ライター)

【関連記事】

Related Post



コメントを残す