グーグル、無料で使えるテレワークラウンジを11月限定で開設–“一度体験を”



 六本木ヒルズノースタワー1階に期間限定で開設した「Google テレワークラウンジ」。

 六本木ヒルズノースタワー1階に期間限定で開設した「Google テレワークラウンジ」。

 グーグルは、東京・六本木ヒルズノースタワー1階に、テレワークトライアル施設「Google テレワークラウンジ」を期間限定で開設する。テレワークを体験してみたい企業、団体、個人を対象に無料利用が可能。期間は11月1日から30日まで。営業時間は、平日9時~17時30分、土日祝日10時~17時30分(セミナー時間を除く)。

 これは、11月1日から30日まで行われる「テレワーク月間」に合わせ、働き方改革を支援する施策「Google テレワークトライアル」の一貫として、テレワークを実際に体験する機会の提供を目的としたもの。

 Google テレワークラウンジには、テレワークの形態である「モバイルワーク」や、子連れでも対応可能な「在宅勤務」「サテライトオフィス」にあわせた3つのゾーンが用意され、それぞれの形態にあわせたゾーンで業務を行うことができる。テレビ会議システムの「Chrome devices for meetings」を常設したミーティングルームや、個室型のプライベートルーム、リビングのような環境で働く体験ができる場所なども用意されている。

 スペースだけではなく、Googleの企業向けクラウド型グループウェア「G Suite」のデモアカウントを用意するほか、クラウド利用に最適化されたノートPC「Chromebook」の貸し出しもある。このほか平日の夜には、テレワーク導入の課題などといったテーマで、有識者や企業担当者を招いてのセミナーやトークセッションも開催予定としている。

 記者説明会のなかで、グーグル ブランドマーケティングマネジャー Womenwillプロジェクトリードの山本裕介氏は、テクノロジを活用した柔軟で効率の良い働き方を支援するプロジェクト「Womenwill」を通じた在宅勤務のトライアル体験に対するデータについて触れた。体験者が在宅勤務でできる仕事が限られる、あるいは業務に支障が出るのではないかとのイメージがあるかもしれない。しかし、実際に体験してみるとそう感じる人の割合は下がったことに触れ、実際に体験することで効果を感じてほしいとした。

 このほか、Google テレワークトライアルの一貫として10月に実施した、テレワークの認知や実施状況に関する調査結果も公表している。

Related Post





コメントを残す