「Windows Mixed Reality」ヘッドセットでSteamゲームがプレイ可能に



 数週間前にローンチされたMicrosoftの「Windows Mixed Reality」は現在のところ、ソフトウェアの数があまり多くない。このことを理由に、一部のユーザーは同プラットフォームを敬遠するかもしれない。しかし、「Steam」のVRカタログを利用可能にするブリッジの提供により、ユーザーは近いうちにより多くのゲームにアクセスできるようになる見込みだ。

 「Steam VR」とWindows Mixed Realityをつなぐブリッジが提供されることは、2017年秋に発表された。米国時間11月15日、そのブリッジがベータバージョンの「プレビュー」としてローンチされる。

 このブリッジは、「HTC Vive」を使う場合と同じインターフェースでSteam VRを起動する。Microsoftは、すべてのSteam VRアプリ(「Oculus」およびVive限定のタイトルは除く)がWindows Mixed Reality VRヘッドセットで動作することを約束している。AcerやLenovo、HP、サムスン、Dellが提供するプラグアンドプレイヘッドセット群でも同様に機能し、外部カメラセンサを使わずに、ヘッドセット内で室内の動きを追跡する。サムスンの「HMD Odyssey」はより高解像度のOLEDディスプレイと、より高音質の内蔵ヘッドホンを提供するが、 価格も他社のヘッドセットより少し高い499.99ドルに設定されている。




Samsung HMD Odyssey
提供:Josh Goldman/CNET

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

Related Post



コメントを残す