有機EL、日本勢は部材勝負 すでに高シェア 量産でさらなる収益獲得へ (1/3ページ) – SankeiBiz




SankeiBiz
有機EL、日本勢は部材勝負 すでに高シェア 量産でさらなる収益獲得へ (1/3ページ)
SankeiBiz
必要不可欠な部材のほとんどで日本勢が高シェアを握っており、20年以降の有機ELテレビの大型化でより一層活躍の場は広がっていく」と予想する。 英調査会社IHSマークイットは7月、スマホ向け有機ELの出荷額が17年に227億ドル(約2兆5315億円)に達し、214億ドル …

Related Post





コメントを残す