お化け屋敷をリノベ? としまえん「怨霊廃線VR」(日経トレンディネット)



 東京都練馬区にある遊園地「としまえん」で、1966年のサービス開始以来、半世紀以上にわたって来場者に親しまれてきた名物アトラクション「ミステリーゾーン」が、VR(仮想現実)を使った次世代お化け屋敷「怨霊廃線VR」として生まれ変わった。2017年12月22日から2018年4月9日までの期間限定オープンとなる。

【関連画像】ゴンドラは2人乗り。10台あり、最大で20人同時に体験できる

 この「怨霊廃線VR」は、西武鉄道、豊島園、そしてVRコンテンツの製作を手がけるダズルのコラボによって実現した。西武鉄道としては、VR技術を鉄道事業への活用するにあたっての検証も目的のひとつとして見据えているのだそうだ。

 しかもこの「怨霊廃線VR」は、「鉄道の職業体験要素を含ませており、『エンターテインメント』『教育』『VR技術』のさまざまな魅力に触れていただけるアトラクション」なのだという。この一文に見事釣られた筆者は、早速体験してきた。

既存のライド型アトラクションをVRでリノベーション

 前述のように、「怨霊廃線VR」は同園の人気施設「ミステリーゾーン」を活用している。自動で動くゴンドラのシートに座り、暗闇のなかを進んでいくお化け屋敷という点では「ミステリーゾーン」と変わらない。それどころか、看板を新たに追加した以外、施設としては「ミステリーゾーン」ほぼそのままなのだ。リノベーションした感じがまったくない。

 とにかくまずは体験することに。ゴンドラのシートに座り、スマートフォンを使ったVRヘッドセット「Gear VR」と、立体音響を再生可能なヘッドフォンを装着する。視覚も聴覚も完全にVRシステムで覆われた状態で楽しむわけだ。なるほど、これなら施設の展示物など内装に手を加える必要はない。

 そうは言っても半世紀以上前のお化け屋敷だしなあと、正直、最初はなめていたのだが……。いやいや、さすがコンテンツを作り慣れている企業が手を組んでいるだけのことはある。心臓がきゅっとなるような恐怖を味わうことができた。ネタバレを避けるため詳しくは書かないが、これは面白い。

 何より素晴らしいのは、ゴンドラから自分の体に伝わってくる振動や走行感覚と、映像の一体感だ。ゴトゴトと決して良くはない独特の乗り心地が、映像の中のボロボロの線路上を走っている感覚にマッチして臨場感を高めてくれる。左右へのカーブなども画面と体感がぴったりシンクロしていた。

 ゴンドラは2人乗りで10台ある。体験の所要時間は3分半ほどだが、恐怖感からかもっと長く感じられる。としまえんへの入園料が別途必要だが、利用料金は500円(「木馬の会」会員か「のりもの1日券」があると300円)で、VRを使ったアトラクションとしてはリーズナブルだ。

【関連記事】

Related Post



コメントを残す