最上位スマホ対決 Mate 10 ProとGalaxy 8+はどっちがいい?(日経トレンディネット)



 ファーウェイのSIMフリースマートフォンの最上位モデル「Mate 10 Pro」が2017年12月1日に発売になった。Mate 10 Proは、ファーウェイのフラグシップモデルであるだけでなく、Android搭載のSIMフリースマホの中でも最上位クラスだ。僕を含め、このモデルを待ちわびていた人も少なくないだろう。今回は、Android端末として最上位クラスで、NTTドコモから販売されているサムスン電子の「Galaxy S8+」と比較しながらレビューしてみたい。

【関連画像】新登場のMate 10 Proは、縦長のディスプレーを搭載する

 それにしても、ファーウェイのラインアップはとても豊富で、混乱するほどだ。上位モデルとしては既に「P10 Plus」がある。P10 PlusとMate 10 Proの外観上の違いは画面サイズだ。Mate 10 Proは、6インチの大画面。本体の縦横比は2対1となっており、画面が大きい割には持ちやすい。

高級感のあるボディーは大人の男性にお薦め

 まずは、ボディーの完成度を見てみよう。最近の上位モデルには、背面にガラスを採用するモデルが増えている。「iPhone X」しかり、「Galaxy S8」シリーズしかり。Mate 10 Proも背面はガラスだ。四隅が緩やかなアールを描いており、ひんやりとした手触りがとてもいい。ミラー仕上げになっているので、光を反射して美しく輝く。

 写真のモデルは「チタニウムグレー」だが、カラーバリエーションはほかに「ミッドナイトブルー」がある。色合いがシックで、本体も大きめなことからターゲットは男性だと推察できる。この端末を買うのは、おそらくかなりテッキーなご同輩だろう。

 そういう意味では、デザインはいいところを突いていると思う。特徴となるカメラ部分に水平のラインを入れて微妙に強調することで、デザインのポイントにしている。ダイヤモンドカットもギラつかせず、やりすぎていない大人っぽさがいい。

 ただし、このボディーは非常に滑りやすいのがちょっと心配だ。僕なら必ずケースに入れて使う。標準で透明のケースが付属しているので、とりあえずはそれを使うのもいいだろう。

【関連記事】

Related Post



コメントを残す