いま「八百屋アプリ」が好調のワケ 競争激化する野菜宅配サービス(日経トレンディネット)



 「IT時代の今、漫画『サザエさん』に出てくる酒屋の三河屋のような“御用聞き”になりたい」。そう話すのは、スマホアプリを使用した、野菜を中心とする(生鮮食品宅配サービス「VEGERY(以下、ベジリー)」)を運営するベジオベジコ(宮崎県綾町)の平林聡一朗社長だ。

【関連画像】商品は生産者のプロフィールや野菜の保存方法、食べごろ、おいしい食べ方なども閲覧できる

 生鮮食品宅配サービスといえば、2017年4月にアマゾンが生鮮品や日用品を短時間で自宅に届ける「Amazon フレッシュ」をスタート、7月にはシンガポール発の「honestbee」が上陸するなど、競争が激しくなってきている。そんな中、2017年1月にスタートし、商品の新鮮さと珍しさで注目され、インスタグラムなどで人気に火がついたのがベジリーだ。

 ベジオベジコは2011年に設立された、スムージー用の野菜・果物を宅配する専門会社。ベジリーはベジオベジコが直接契約した農家が生産する野菜を中心に、肉や調味料などをデリバリーするサービスだ。特に野菜は、国内でいち早く町全体で有機農業を導入した宮崎県綾町(あやちょう)をはじめとする、九州各地の農家で収穫されたものがメインだ。

 無料の専用アプリをダウンロードして注文者情報を一度登録すれば、商品と届く時間帯を選び、確認ボタンを押すという3ステップで簡単に注文できる。都内の特定エリアであれば、時間帯は1時間単位で選択でき(10~20時)、同社のスタッフが直接自宅まで野菜を届けてくれるのがウリ(そのほかの地域は翌日着で宅配業者が配達、離島などの場合は翌々日着)。商品の多くは定番野菜だが、関東圏ではなかなか見かけない珍しい野菜もあり、それがインスタで話題になっている。また、生産者のプロフィールをはじめ、その野菜の保存方法やおいしい食べ方などが閲覧できるのもほかの宅配サービスとは異なるポイントだろう。

リピーター率50%の意外な理由

 サービスを開始してから1年。現在のベジリーのリピート率は約50%だという。通常のECサイトの平均リピート率は20%といわれているそうで、同社はその2倍以上になる。ユーザーの85%は女性。経営者をはじめ、スーパーに買い物に行く時間がない人が多いようだ。スーパーで購入する野菜に比べると単価は高く、ユーザーが利用する1回の金額は平均5500円。大多数のユーザーが1~2週間に1度の頻度、中には毎日利用する人もいるという。

 「当初は平均2000円くらいと考えていたのでうれしい誤算でした。ユーザーは都心居住者が中心で、食品にこだわっている人が多いということもあるのでしょうが、関東圏で入手しにくい九州の野菜ということも注目された理由のひとつだと思います」(平林社長)

 もうひとつ、同社の宅配ならではの要素も人気の理由。昔ながらの八百屋の前掛けスタイルのスタッフが野菜の入った袋を提げて届けに行くのだ(特定エリアに限る)。宅配スタッフはアルバイトが中心だが、農業大学や大学の農学部の学生も多い。

 「農業分野ではベジリーは新しいビジネスモデル。だからアルバイトを募ると農学部在学中の人の応募が多くなりました。中には東大農学部で研究している学生や将来独立を考えている人もいます」(平林社長)。さらに、「彼らは野菜の知識が豊富で、得意分野だからこそ、その野菜の保存方法や使い方まで丁寧に説明する。そこでコミュニケーションが生まれ、次に届けに訪れたときにはユーザーから質問されたり、『こんなものも扱ってほしい』『パーティーがあるので肉やワインも欲しい』などとお願いされたりして御用聞き状態になっていく」(平林社長)。そんなことが続き、1年たった今では、野菜のほかに肉、九州の名産品や加工品、調味料、海外のワインなどの幅広い食品を扱うようになった。

【関連記事】

Related Post



コメントを残す