【週末速報】iPad Air 2の未使用品が3万2000円!(日経トレンディネット)



【編集部より】記事中の価格は、基本的に消費税8%を除いた税別の金額を記載しています。しかし、秋葉原では8%の税込み価格のみ掲示している販売店が多数を占めることを考慮し、『週末が狙い目』では例外的に消費税8%を含む税込み価格で表記します。税別価格のみ掲示している商品は、金額のあとに(税別)の表記を入れています。ご了承ください。

【関連画像】国内SIMフリー版のiPadが複数入荷中。iPad Air 2は3万円台と手ごろな価格のうえ、しかも64GBの大容量モデルなのが注目だ

 今週末は、iPadをはじめとするタブレットがお買い得だ。

 イオシス アキバ中央通店では1月14日までの初売り特価として、京セラのAndroidタブレット「Qua tab KYT31」(中古品)を7980円で販売中だ。WUXGA表示の8型液晶を搭載したコンパクトモデルで、重量も298gと軽い。性能面も、オクタコアCPUや2GBメモリーなど十分で、YouTubeやNetflixなどで動画を楽しむにはちょうどよい製品だ。在庫数は200台以上を用意したというので、すぐに売り切れる心配は少ないものの、程度のよい中古品をゲットするならば早めの来店がベターといえる。

 同店では、アップルの「iPad Air 2 16GBモデル/Wi-Fi」の未使用品も3万2018円と安かった。iPad 2017の登場でやや陰が薄くなったが、映り込みの少ない9.7型のRetina液晶を採用するなど、iPad Proに迫る高い基本スペックでいまだ現役で使える。今回の入荷品はアップルによる整備品のため、6カ月のメーカー保証が受けられるのもポイントだ。iPad 2017の新品は税込みだと4万円近くするので、新品と同等コンディションのiPadをできるだけ安く買いたいならば注目できる。

 あきばU-Shop2号店には、同じくアップルの「iPad Air 2 64GBモデル/SIMフリー」(中古品)が税別3万2800円で複数入荷していた。SIMロックがかけられたキャリア版ではなく、国内版のSIMフリーモデルなのがポイント。格安SIMにも対応するため、低コストで運用できる。ボディーにキズや凹みなどがある中古品だが、相場よりもかなり安い。LTE通信に対応した中古iPadを探している人は、こちらも注目してみたい。

 高性能ノートPCの特価品も目立つ。PCコンフル秋葉原店では、店内のワークステーション向け中古ノートPCを一律で1万円値引きしていた。レノボ・ジャパンの「ThinkPad W530」(中古品)は、通常6万4800円のところ5万4800円と割安感が高い。じゃんぱら新宿店でも、高性能ノートPCを表示価格から1万円値引きしている。日本HPの「ZBook 15 G3 Mobile Workstation」(中古品)は通常11万9800円のところ10万9800円で販売する。

(文/白石ひろあき)

【関連記事】

Related Post



コメントを残す