大賞は「石見高原ハーブ米きぬむすめ」 栽培法も評価(日経トレンディネット)



 「米のヒット甲子園」(主催:日経トレンディ、特別協賛:象印マホービン)は、消費者目線で今一番食べてほしいお米を選ぶ新米の味覚審査会。その最終審査会が11月21日にパレスホテル東京で開かれた。最終審査にノミネートされた9銘柄を、専門家7人が食べ比べ、「今一番食べてほしいお米」を選出。最後まで白熱した審査会を制したのは、環境に配慮した栽培方法も光る「石見高原ハーブ米きぬむすめ」だった。受賞に至るまでの審査会の様子をレポートする。

【関連画像】

 今年で第4回目を迎える、全国の五ツ星お米マイスターが推薦したブランド米から、得票数で上位に選出された銘柄を対象に新米の味覚審査会を行う「米のヒット甲子園」(主催:日経トレンディ、特別協賛:象印マホービン)の最終審査会が11月21日に都内で行われた。最終審査会にノミネートされたブランドは以下の通り。

 上記の9銘柄は86人の五ツ星お米マイスターが推薦した195品種の中から選出されたものであり、文字通り全国のお米のプロが「今年の食べてほしいお米」として推薦したものとなる。一般的に米のブランドの定番といえば「コシヒカリ」や「ササニシキ」「あきたこまち」といったものが思い浮かぶと思うが、現在様々な品種をもとに開発や改良が行われており、毎年のように新しい米のブランドが全国で登場している。同じ系列の米でも品種や作付けされた場所、その年の天候、栽培方法の違いで味が大きく左右される。五ツ星お米マイスターたちは、こうしたブランドごとの米の特性はもちろん、各ブランドの年ごとの発育状況や味を加味しつつ、その年を代表する米としてふさわしいものを選出している。

食の専門家、食通、研究員が審査

 最終審査会の審査委員は以下の7名。審査委員長を務める川崎氏は神戸市に店を構える米穀店「いづよね」の五ツ星お米マイスターだ。今年、初参加となる山下真司氏といえば、フジテレビ系列の「くいしん坊!万才」でリポーターを務めるなど食通の俳優として知られている。他にも食の分野で知見のある著名人や洋食分野の料理研究家などが審査委員として参加している。

【最終審査会のメンバー】

審査委員長 川崎恭雄氏(いづよね代表取締役)

フォーリンデブはっしー氏(グルメエンターテイナー)

山下真司氏(俳優)

小谷あゆみ氏(フリーアナウンサー)

小崎陽一氏(イタリア料理研究家)

里井真由美氏(フードジャーナリスト)

渡辺和博(日経BP総研 マーケティング戦略研究所上席研究員)

 審査は9つの品種を3つのグループに分け、それぞれを1回ずつ合計3回の食べ比べが行われた。審査のポイントは主に味や風味、食感の3つを評価。特に食感に関しては個人によって好みが分かれるため、品種ごとの相対評価ではなく「硬さ」と「粘り」についての評価となっている。

【関連記事】

Related Post



コメントを残す