Windowsの大型アップデート スマホ連携機能がすごい!(日経トレンディネット)



 2017年10月17日(米国時間)にWindows 10が大きなアップデートを遂げた。「Windows 10 Fall Creators Update」と呼ぶアップデートで、Windows 10が登場してから4回目のメジャーアップデートだ。Windows 10は“最後のOS”とも言われ、今後はアップデートで機能を向上させていくとみられている。そのOSが4回目の大きな進化を遂げたというわけだ(関連記事:Windows 10がまた大型アップデート その内容は?)。

【関連画像】登録を終えたら、端末のブラウザーから「共有」メニューで「PCで続行」をタップ

 まず前提として書いておきたいのは、僕はWindows 10を史上最良のOSだと確信し、高く評価している。だからこそ「大型アップデート」と聞くと期待が高まるのだが、これまでの3回は大したことがなかった。今回も、変更点こそ多いものの小ぶりな変更がほとんどで、肩すかしを食らった感は否めない。

 そんなアップデートの中でも「これは便利だ」と膝を3回くらい打った機能を紹介しよう。

OneDriveのオンデマンドも便利だが……

 Windows 10 Fall Creators Updateは、Windowsのアップデートでも順次適用されており、僕の環境でも、ほとんどのパソコンに自動でインストールされている。まずはアップデートされた機能をおさらいしておこう。

 一番の目玉機能は「Windows Mixed Reality」で、ヘッドセットを利用してVR(仮想現実)やAR(拡張現実)が楽しめるというものだが、個人的にはまったく関心がない(関連記事:Windows Mixed Reality 使って分かった〇と×)。と言うのも、VRをちょっと楽しむ程度ならスマートフォン+ゴーグルで十分だと思っているからだ。5万円以上も出して専用のゴーグルを買うほどVRが好きではないし、現状ではそこまで出費したくなるほどのコンテンツもない。今回は、インターフェースのデザインも変更になっているのだが、こちらもほとんど気が付かない程度の変化だ。

 個人的にかなり期待していた機能が「OneDrive」のオンデマンド機能だ。これは、すべてのファイルを同期するのではなく、使うものだけをダウンロードして利用する仕組み。「エクスプローラー」でもファイルがローカルにあるかどうかがひと目で分かる。

 ストレージ容量が心もとないモバイルノートでは、OneDriveのオンデマンド機能は便利だろうと思っていたのだが、実際に使ってみるとやっぱり不便な点も少なくない。と言うのも、僕はファイルのプレビューをよく利用するからだ。仕事ではバージョン違いのファイルがたくさん出来上がっていることが多く、ファイルを開かなくても中身が分かるのがとにかく便利なのだ。

 ところが、オンデマンドのファイルはプレビューが表示されない。プレビューなしならば、ブラウザーでOneDriveのフォルダーを開いて、ウェブ上でファイル探しをしたほうが手っ取り早かったりする。

 他にも、電卓で通貨計算ができるようになったり、ペイントが3Dに変わるなど、いろいろと変更点が多いのだが、僕に言わせればどれも小ぶり。もちろん気に入っているものもあるが、「さすがはメジャーアップデートだ」と思えるほどではなかった。

【関連記事】

Related Post



コメントを残す