昭和レトロなラジカセが12,960円で発売、USB端子やSDカードスロット装備




昭和レトロなラジカセが12,960円で発売、USB端子やSDカードスロット装備

2018年1月23日 11:05掲載

センター商事は、「CICONIA(チコニア)」ブランドより、クラシカルラジカセ「TY-1710 ラジオ/カセットプレイヤー」の取り扱いを開始。1月15日より発売を開始した。

カセットテープに慣れ親しんだ世代が懐かしさを感じるよう、木目調のボディに大きな円型スピーカーや伸縮するアンテナ、スイッチ形式の操作ボタンなど、レトロなデザインを施したというモデル。カセットテープに加えて、USBメモリーやSDメモリーカードからの音楽再生が可能。カセットテープ音源の録音にも対応する。

このほか主な仕様は、カセットデッキ部がモノラル録音・再生、セミオートストップに対応。アンプ部が定格出力5W×2、ラジオ部がFM76〜108MHz/AM530〜1600kHz。USB部の再生フォーマットはMP3をサポートする。

本体サイズは293(幅)×180(高さ)×89(奥行)mm(突起物のぞく)、重量は約1.43kg(本体のみ)。

価格は12,960円。

価格comで最新価格・クチコミをチェック!



関連コンテンツ

ラジカセ関連最新ニュースリンク

このニュースの関連リンク

メーカーサイト


Related Post



コメントを残す