「世界最薄」の分子膜開発 300万分の1ミリ 記録媒体や画面省エネ化 千葉大、実用性を確保 – 千葉日報




千葉日報
「世界最薄」の分子膜開発 300万分の1ミリ 記録媒体や画面省エネ化 千葉大、実用性を確保
千葉日報
発光性能を生かしてスマホや有機ELテレビ、パソコンの画面にも使われているため、薄くなった分子膜で消費電力を減らす省エネ効果が期待。膜の素材自体も少なくて済み、低コスト化にもつながるという。 研究の中心となった千葉大の山田豊和准教授(表面科学)は「記録媒体をさらに小さくすることは情報量の多い人工

Related Post





コメントを残す