曲がる有機EL長寿命化低コストで 山形大など開発 – 日本経済新聞



曲がる有機EL長寿命化低コストで 山形大など開発
日本経済新聞
水分による劣化防止は、ガラス基板では有機EL四辺を接着剤で封印し吸湿剤を入れるのが一般的。一方、フィルム基板の曲げられる有機ELは多数の膜を重ねる多層構造で、真空成膜する層と大気圧下で塗布する層を交互に重ねる必要があり、パネル製造コストを押し上げていた。 大型テレビやアップルのiPhoneに採

and more »

Related Post





コメントを残す