売れ行き好調!「Ryzen 5 2400G」、「Ryzen 3 2200G」の販売がスタート!



AMD「Ryzen 5 2400G」、「Ryzen 3 2200G」

2018年02月13日 22時30分更新

文● 山県 編集●北村/ASCII.jp

 AMDの新型APU「Raven Ridge」こと「Ryzen 5 2400G」と「Ryzen 3 2200G」の販売がスタートした。恒例の深夜販売はなかったものの、初日から好調な滑り出しとなっている。



本日より販売がスタートした新型APU「Raven Ridge」こと「Ryzen 5 2400G」と「Ryzen 3 2200G」

 発売されたのは4コア/8スレッド、クロック3.6GHz、ブーストクロック3.9GHz、L3キャッシュ4MB、TDP 65W、Vega 11搭載の「Ryzen 5 2400G」。そして4コア/4スレッド、クロック3.5GHz、ブーストクロック3.7GHz、L3キャッシュ4MB、TDP 65W、Vega 8搭載の「Ryzen 5 2200G」。

売れ行きは好調。上位モデルの「Ryzen 5 2400G」が人気のようだ

 ソケットはRyzenシリーズと同じ「AM4」。X370やB350といった従来から販売されているマザーボードが利用できるが、最新BIOSへのアップデートが必須となる。



「Ryzen 5 2400G」(左)と「Ryzen 3 2200G」(右)

 販売初日の売れ行きは好調のようで、中には一部モデルが完売となったショップも。価格は「Ryzen 5 2400G」が1万9800円(税抜)、「Ryzen 3 2200G」が1万2800円(税抜)。パソコンショップアークやドスパラ秋葉原本店、パソコン工房 秋葉原 BUY MORE店、ソフマップAKIBA②号店 パソコン総合館、ツクモパソコン本店、ツクモDOS/Vパソコン館、TSUKUMO eX.で販売中だ。

 なお、パフォーマンスについてはベンチマーク記事を参照してもらいたい。



Socket AM4対応マザーボードは最新BIOSへのアップデートが必須。対応済み製品にはシールが貼られていることが多いので目印にするといいだろう

【関連サイト】

【取材協力】



カテゴリートップへ



Related Post



コメントを残す