格安SIMおすすめ月額500円で音声通話使える激安キャンペーン



編集部厳選、いまお買い得な製品はこれだ!
第110回

半年間基本料金が900円割引の驚きの格安SIM

2018年02月14日 19時00分更新

文● ちゅーやん

この連載では、毎週不定期に編集部が選んだ「これはお買い得だ!」という製品のセールやキャンペーン情報を紹介しています。この連載さえ読んでいれば、お買い得な情報をゲットできちゃうのです。ぜひASCII倶楽部に会員登録してお楽しみくださいませ。

 格安SIMを選ぶとき、最初に気にするのが「月額料金」ですよね。そもそも「格安SIM」という名前がついていることから、auやドコモ、ソフトバンクのキャリア契約をしているときに比べてどれだけ安くなるのかが一番わかりやすいポイントです。

 さて。今回紹介するお得な格安SIMは、音声通話プランを契約すると利用開始から半年間、月額基本料金から900円も割引になるというもの。つまり、通常の利用料金に比べて半年間で5400円もお得に使えるキャンペーンです。

 このキャンペーンを実施している格安SIM事業者では、au回線とドコモ回線のいずれかから選択できます。au回線に比べてドコモ回線のほうがいずれのプランも90円高くかかりますが、オススメするのはドコモ回線です。オススメする理由は後述しますので、先に両回線の代表的な月額料金を紹介します。
■au回線
データ容量500MB:月額1310円→410円(キャンペーン適応時)
データ容量3GB:1510円→610円(キャンペーン適応時)
データ容量6GB:2190円→1290円(キャンペーン適応時)
データ容量10GB:3130円→2230円(キャンペーン適応時)
■ドコモ回線
データ容量500MB:月額1400円→500円(キャンペーン適応時)
データ容量3GB:1600円→700円(キャンペーン適応時)
データ容量6GB:2280円→1380円(キャンペーン適応時)
データ容量10GB:3220円→2320円(キャンペーン適応時)

 ドコモ回線をオススメする理由は、au回線に比べて速いため。ASCII倶楽部では、平日毎日格安SIMの速度調査をしています。格安SIM事業者によって使っているキャリアの回線が異なるため一概には言い切れませんが、今回紹介する格安SIM事業者においてはドコモ回線のほうが比較的速いという結果が出ています(ASCII倶楽部調べ)。

 au回線に比べると90円割高であるものの、その90円で割りと速い回線を入手できるのであれば選ばないことはないのかなと思います。いずれにせよ、利用から半年間は900円も割引あるのでめちゃめちゃお得なんですけどね。ちなみに、このSIM事業者は最低利用期間(いわゆる「縛り」)を設けていないのも特徴のひとつ。MNPをする場合は契約から12ヵ月以内に転出すると手数料で1万2420円かかりますが、純粋に解約するだけなら発生しません。

 本記事の続きで、半年間900円割引キャンペーンを実施している格安SIM事業者情報を紹介しております。ASCII倶楽部にログインの上、ご確認くださいませ。また、ASCII倶楽部の会員登録がお済みでない方はぜひともこの機会にどうぞ。3日間無料でお試しいただけます。※au、ドコモでのキャリア決済を選択された方は、ASCII倶楽部3日間無料お試しキャンペーンが適応されませんのでご注意ください。




この連載の記事

Related Post



コメントを残す