ダイエットの新しい味方? – 糖質もカロリーも白米の半分、米粒食材「とらひめ」と専用調理器を体験



タイガー魔法瓶は2月14日、独自開発した米粒状の加工食品「とらひめ」と、とらひめ専用の調理器「JPE-A10Z」を発表しました。3月23日に発売します。

とらひめは、タピオカやこんにゃくなどを、着色料を加えず、米粒状に加工した食品。いわば疑似米ですが、本物のお米のようにふっくらとしています。白米と比べると、お茶碗一杯分で糖質が47%オフ、カロリーも約50%となっています。白米と混ぜて炊くことで糖質を抑える「こんにゃく米」と似ていますが、とらひめは白米と混ぜずに単体で食べます。ふりかけをかけたり、チャーハンにしたり、カレーをかけたりして食べても「美味しい」とのこと。1袋でお茶碗2.5杯分、10袋入って3,800円(税別)で販売します。

一方のJPE-A10Zは、とらひめ専用の調理メニューを搭載した調理器。調理器といっても炊飯器をベースに開発しているので、お米も炊けます(最大5.5合まで)。とらひめの場合は、最大2袋分(お茶碗5杯分)まで。本体サイズはW27.2×H32.9×D21.1cm、重量は4.5kgです。価格はオープンで、推定市場価格は48,000円前後(税別)となっています。

とひらめを炊くのは簡単で、とらひめをそのままJPE-A10Zのお釜に移し、付属の計量カップで水を計って入れるだけ。とらひめを事前に「とぐ」必要はありません。1袋で70分、2袋でも75分で炊けます。炊き上がった後、付属する「仕上げ粉」を振りかけて混ぜることで、お米のようなもっちり感が出ます。

  • とらひめ専用の調理器「JPE-A10Z」

    JPE-A10Zの外観

麦飯などを炊くメニューも搭載したほか、白米の少量炊きも可能です。お釜は、熱が伝わりやすい「W銅入5層遠赤外線特厚釜」で、外側には「熱風土鍋コーティグ」を施しています。

白米も炊けるなら炊飯器と呼んでいいのでは、という質問が上がりましたが、タイガー魔法瓶はあくまで、とらひめ専用の調理器であることを強調。そのため、想定ユーザーをダイエット志向の強い人に限定し、自社のECサイト、RIZAPグループの実店舗とWebサイトのみで販売します。量販店では売らないそうです。

ちなみに、通常の炊飯器でとらひめを炊けるのか、と聞いてみると、「食べられたもんじゃない」とのこと。「タイガー魔法瓶の技術の結晶によって、とらひめがおいしく炊き上がるんです。他の炊飯器で美味しく炊き上げるのは、おそらく不可能でしょう」と自信を見せました。

発表会では、実際にとらひめを試食しました。おにぎりを食べてみると、うっ! 確かにコンニャクっぽい! 白米らしい食感を期待するとひと口目はびっくりしますが、食べごたえは十分にありました。カレーのルーをかければ、とらひめなのか、やわらか目に炊いたお米なのかわからないくらいです。

いつものお米と同じ量を食べても、糖質が約半分になるって、素晴らしいですね。なんだか満足感と満腹感で、眠くなってきちゃいました。運動しなくても、今までと同量のご飯をとらひめに変えれば理論上は痩せられるってことですよね(そうですよね? タイガー魔法瓶さん!)。



Related Post



コメントを残す