東京駅にも羽田にもない“新世代スイーツ”を大発掘!(日経トレンディネット)



 東京駅、羽田空港といった「玄関口」にはない、立ち寄ってでも買うべき逸品が東京各地に数多く眠っている。なかでも今狙いたいのが、見た目のユニークさと本格的な味わいを両立した新世代スイーツだ。注目商品をスイーツコーディネーターの下井美奈子氏とチェックした。

【関連画像】花びらを1枚ずつ食べていくのが面白い

 筆頭は、ドミニクアンセルベーカリーの銀座三越店でしか買えないフラワークッキー。本物の花を思わせる驚きの形状に思わず見ほれる。ローズクッキーとライチの上品な風味が溶け込んだガナッシュは、意外な組み合わせながら絶妙な味わい。花びらを摘むように食べるのも趣深い。花束を贈る感覚で、大切な人への手みやげに最適だ。

 美しさではパレスホテル東京オリジナルの「千代ちょこ」も負けてはいない。僅か2mmの極薄チョコで、一見するとまさに千代紙。「一枚一枚、違う味に仕立てている」(同ホテルのショコラティエール・小林美貴氏)というように手が込んでおり、口溶けも良く、「外さない名品」といえる。

 くず餅の名店・船橋屋が手がけた和洋折衷の「くず餅プリン」や、おかき専門店・赤坂柿山の「味和音」など、新感覚の和菓子も台頭している。年末年始の帰省用などに手に入れたい。

Pull-Apart Flower Cookie〈フラワークッキー〉:大輪の花に見えるクッキー

 銀座/ドミニクアンセルベーカリー/4500円(税別)

 花に見えるが、実は淡いピンク色のローズクッキーに、雌しべに見立てたライチガナッシュが入っている斬新なスイーツ。食べるとバラとライチの上品で爽やかな香りが口いっぱいに広がる。銀座三越の店舗でのみ購入できる貴重な逸品だ。「切り分ける必要がなく、手軽に楽しめるのが魅力。クッキーは軽やかな口当たりが特徴だ」(下井氏)

●千代ちょこ:まるで千代紙の極薄チョコ

 丸の内/パレスホテル東京ペストリーショップ「スイーツ&デリ」/12枚入り5616円(税込み)

 江戸千代紙や着物柄など、日本の伝統美をモチーフにしたチョコレート。厚さは僅か2mmで、香り豊かなカカオの風味を楽しめる。絵柄ごとにカカオの含有率が異なり、マイルドな味わいからビターなものまで多彩。「パリッとした食感で繊細な口溶け。1枚ずつ味が異なっており、食べ比べるのも楽しい」(下井氏)

●あくの強いチョコレートの塩味クッキー:甘くない“異端”菓子

 代官山/パティスリー イル・プルー・シュル・ラ・セーヌ/30枚入り3240円(税込み)

 仏ペック社のチョコレートをぜいたくに使ったクッキー。塩味がアクセントになっており、ほろ苦い余韻が口に残るのが斬新だ。ほろりとした口当たりも魅力。代官山店の他、通販でも購入できる。「軽い塩気がカカオの風味を引き立てている。赤ワインと合わせて楽しみたい」(下井氏)

●味和音-みわね-:モフモフの不思議食感に驚く

 新宿/飄々庵/6粒入り1300円(税別)

 米菓専門店・赤坂柿山が仕掛けた新ブランド「飄々庵」の注目商品。2種類のもち米を使ったほんのり甘い生地に、爽やかなドライフルーツがマッチ。モフモフとした不思議な食感も特徴だ。NEWoMan新宿店で限定販売している。「独特の口当たりが特徴。ドライフルーツの甘酸っぱさが味のアクセントになっている」(下井氏)

●くず餅プリン:くず餅の原料を使用、もっちり感触の和プリン

 広尾など/船橋屋こよみ/4個入り1596円(税込み)

 船橋屋が創業200年を記念して立ち上げた新ブランド「船橋屋こよみ」。名物のくず餅の原料である小麦でんぷんを使ったプリンは注目だ。弾力性のあるもっちりとした舌触りが特徴。広尾本店の他、通販などでも購入が可能だ。「きな粉と黒蜜の量を自分で調節できるのはうれしい。お年寄りへのプレゼントにも最適」(下井氏)

【関連記事】

Related Post



コメントを残す