東芝、「スマホでも時短」に対応した「レグザブルーレイ」2018年モデル




東芝、「スマホでも時短」に対応した「レグザブルーレイ」2018年モデル

2018年2月15日 13:01掲載


DBR-T3008 DBR-W2008

東芝映像ソリューションは、ブルーレイレコーダー「レグザブルーレイ」の2018年モデルとして、3チューナー搭載モデル「DBR-T3008/T2008/T1008」、2チューナー搭載モデル「DBR-W2008/W1008/W508」の計6機種を発表。「DBR-T3008/T2008/T1008」を3月中旬より、「DBR-W2008/W1008/W508」を3月下旬より発売する。

いずれも、「時短で見る」機能を搭載したブルーレイレコーダー。番組ごとに「通常再生」「らく見」「らく早見」「飛ばし見」の4つのコースから簡単に再生できる機能に対応する。

また、録画リストや時短で見るリストからはコースごとに視聴にかかる時間が表示され、効率よく番組を楽しめる。再生中に時短されている映像を確認できたり、60分、30分、15分以内の番組だけに絞り込んで表示したりすることも可能だ。

さらに、新しく開発した「スマホdeレグザ」機能を搭載。スマートフォンの録画リストや時短リストで番組を選んでテレビまたはスマートフォンで時短再生を楽しめるほか、テレビでの視聴時にはスマートフォンを再生専用リモコンやテレビのサブディスプレイとして使用できるなど、スマートフォンとの連携機能が大幅に向上している。

操作性では、録画リストや番組表などの操作画面も一新し、使いやすさを向上させている。RD-Styleシリーズのプレイリスト編集画面も復刻・進化させており、編集機能もより便利になっている。

このほか、SeeQVault対応のUSB HDDのバックアップ機能、ブルーレイディスク映像の4Kアップコンバート機能、11acに対応した無線LAN(DBR-W508を除く)に対応する。

3チューナー搭載モデルは、3TBモデル「DBR-T3008」、2TBモデル「DBR-T2008」、1TBモデル「DBR-T1008」をラインアップ。本体サイズは430(幅)×46(高さ)×210(奥行)mm(突起部含む)。重量は、「DBR-T3008」「DBR-T2008」が約2.7kg、「DBR-T1008」が約2.5kg。

市場想定価格は、「DBR-T3008」が90,000円前後、「DBR-T2008」が80,000円前後、「DBR-T1008」が65,000円前後(いずれも税別)。

2チューナー搭載モデルは、2TBモデル「DBR-W2008」、1TBモデル「DBR-W1008」、500GBモデル「DBR-W508」をラインアップ。本体サイズは430(幅)×46(高さ)×210(奥行)mm(突起部含む)。重量は、「DBR-W2008」が約2.6kg、「DBR-W1008」が約2.4kg、「DBR-W508」が約2.1kg。

市場想定価格は、「DBR-W2008」が65,000円前後、「DBR-W1008」が60,000円前後、「DBR-W508」が50,000円前後(いずれも税別)。

なお、2月15日〜2月27日までの期間限定で、Webサイト「東芝ダイレクト」でのモニター販売を実施。各機種20〜100名となる。

■関連リンク

「東芝ダイレクト」のモニター販売

価格comで最新価格・クチコミをチェック!



関連コンテンツ

ブルーレイ・DVDレコーダー関連最新ニュースリンク

このニュースの関連リンク

メーカーサイト


Related Post



コメントを残す