日立、LED光源で明るさ4200ルーメンのDLPプロジェクター




日立、LED光源で明るさ4200ルーメンのDLPプロジェクター

2018年2月15日 13:00掲載


LP-GU4001J

日立コンシューマ・マーケティングは、DLPプロジェクター「LP-GU4001J」を発表。2月26日より発売する。

LED光源で明るさ4200ルーメンのDLPプロジェクター。HLD(High Lumen Density)LEDと独自の高効率光学技術を組み合わせた光学エンジンを搭載することで、明るさ4200ルーメンを実現。LED光源の寿命は約20000時間と、高圧水銀ランプと比べて長時間の投写が可能であり、メンテナンスの負荷やランニングコストを軽減できる。

また、光学エンジンを防塵構造にすることで、エンジン内部の光学部品へのごみやほこりの付着を防ぎ、長時間明るく鮮明な映像を投写可能。ヒートパイプ方式の冷却システムを採用することで、密閉された防塵構造において高効率な冷却が可能となり、光学部品の動作温度を安定させる。

さらに、独自の映像処理技術「HDCR(High Dynamic Contrast Range)」および「ACCENTUALIZER(アクセンチュアライザー)」「イメージオプティマイザ」「カラーマネージメント」機能を搭載しており、高度な画像処理により画質と視認性を向上させた。

このほか、複数台のプロジェクターから継ぎ目が目立たないなめらかな大画面映像を投写できる「エッジブレンディング」機能、円柱や球面に歪みを抑えた映像を投写できる「ワーピング」機能のほか、上下反転の投写や縦置き(ポートレート)投写など、設置面の角度や画面位置を簡単に調整できる機能を搭載しており、さまざまな設置環境や用途に対応する。

インターフェイスは、HDBaseT×1、HDMI×2などを内蔵。複数台のプロジェクターをデイジーチェーン接続し、同時投写することも可能だ。本体重量は約14.5kg。

価格はオープン。

価格comで最新価格・クチコミをチェック!



関連コンテンツ

プロジェクタ関連最新ニュースリンク

このニュースの関連リンク

メーカーサイト



Related Post



コメントを残す