富士フイルム、動画性能を強化したフラグシップミラーレス一眼「X-H1」発表 初のボディー内手ブレ補正搭載 Xマウント向けシネマレンズ「MKXシリーズ」も – ITmedia




ITmedia
富士フイルム、動画性能を強化したフラグシップミラーレス一眼「X-H1」発表 初のボディー内手ブレ補正搭載 Xマウント向けシネマレンズ「MKXシリーズ」も
ITmedia
軍艦部シャッターボタン手前には、同社のデジタル中判ミラーレス「GFX 50S」と同様にシャッター速度などを確認できるサブモニターを備える。背面モニター右側には、X-T2同様にフォーカスエリアを移動できる8方向レバーを搭載した。 連写速度は電子シャッター使用で14コマ/秒、メカニカルシャッター使用で8コマ/秒。別売の

and more »

Related Post





コメントを残す